« 今日の月は…月齢7.7 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 4 »

2015年12月20日 (日)

黒門亭で時蔵・蔵之助・小ゑん

日曜日の第2部。今年、最後の黒門亭である。
小ゑん師匠を聞きに「楽屋噺の会」に行ってきた。
企画もあって大入りで、今回も札止めである。

第2部 楽屋噺の会
橘家かな文:真田小僧
柳家花いち:ママチャリ
林家時蔵:師匠と弟子
橘家蔵之助:ぜんざい公社
柳家小ゑん:小さんと馬生
鼎談楽屋噺「談志・志ん朝・圓生・正蔵・圓蔵 他」

前座さんはかな文さんで、「真田小僧」の前半。上手い!
親子のキャラの描き分けで、子供の表現が目立つのだが、
あまりに上手いと落語というより芝居がかってくるのだけど
よく描かれていて、状況がしっかり伝わってくるから面白い!
話芸なので、映像化しなくてもいいのだが、しかしここまで
細やかに創り上げるには、たくさん稽古をしたに違いない。
花いちさんが楽屋噺ということで、大須演芸場の話題を…
川柳師匠も登場で盛り上がる。やりたい放題の展開から
なんと新作で、花いちさんって、新作を演るんだ。面白い。
時蔵師匠は、八代目正蔵師匠の話をたっぷり。ここからは
まさに楽屋噺となって、書けないことばかりとなるけれど、
でも有名な膝が痛くなってのお医者にかかった話や
アーモンドチョコを食べて、中から種が出てきた話や
正蔵師匠といえば、広く知られた話題がたくさんである。
でも…正蔵師匠はよく「とんがり」とかいわれるけれど、
本当は優しくて、周囲に対しても心遣いが行き届いて、
素晴らしい師匠であったと時蔵師匠の話からもよくわかる。
芸も偉大だけど、すべては人柄からにじみ出てくるもの。
仲入り後、蔵之助師匠がちょっと落語で「ぜんざい公社」。
ディープな古典ではなく…軽い仕上がりで、いいテンポ感。
そして小ゑん師匠が目白の小さん師匠と柳家の一門の話。
いつも思うのだけど、小さん師匠にまつわる話は本当にいい。
大柄だけど、深い愛情の感じられるエピソードばかりで感動。
柳家一門の大食いの話題は、最大のテーマだが、そこに
馬生師匠や志ん朝師匠の反応が盛り込まれて、また最高!
演題の通り、乙な馬生師匠の振る舞いが聞きものなのだが、
雄大な小さん師匠と細やかな馬生師匠で、いい噺である。
この後、小ゑん師匠、時蔵師匠、蔵之助師匠が再登場で
30分ほどの鼎談。懐かしい話ばかり。これぞ楽屋噺という…
極秘ネタが多数披露されたのだが、暴露というよりは、
やはりすべては美談につながるような気がしてきて、
どんな些細なネタにも人柄が出ていた。楽しかった。
ということで、今年の黒門亭は、これにて終了である。
ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

20151220a

20151220b

御徒町から品川まで山手線で戻って来て、
京急に乗り換えるとホームにて、今年もまた
プリンスホテルのクリスマス・イルミネーションが見えた。

|

« 今日の月は…月齢7.7 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62908744

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で時蔵・蔵之助・小ゑん:

« 今日の月は…月齢7.7 | トップページ | ジャン・ジャック・カントロフ 4 »