« ラサール四重奏団 11 | トップページ | 横浜の風景から 422~七サバ参り »

2015年12月28日 (月)

三田落語会 春風亭一朝

iTunesで配信されている三田落語会の録音から
第22回三田落語会(夜席)の一朝師匠で二席。
「三方一両損」と「芝浜」で、いよいよ年末!「芝浜」だ。
2012年10月27日に仏教伝道センターホールで収録。
一朝師匠の「文七元結」を聞いたが、今度は「芝浜」で
大晦日の風景である。この二席、財布を拾う噺であり、
「三方一両損」は、財布の中の書き付けに従って、
落とした本人に届けてやるという…江戸風の展開だが、
「芝浜」では、一年後に落とし主不明で戻ってきたという
明治の雰囲気である。「三方一両損」で、啖呵を切る…
この江戸っ子の喧嘩の感じは、一朝師匠は最高だが、
「芝浜」の夫婦のやり取りが素晴らしくて、実に感動した。
今年も「芝浜」を聞けて、よい年越しである。大満足だ。

|

« ラサール四重奏団 11 | トップページ | 横浜の風景から 422~七サバ参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/62957773

この記事へのトラックバック一覧です: 三田落語会 春風亭一朝:

« ラサール四重奏団 11 | トップページ | 横浜の風景から 422~七サバ参り »