« 今日の月は…月齢6.1 | トップページ | ウィグモア・ホール 2008 »

2016年1月17日 (日)

ジャン・ジャック・カントロフ 5

ジャン・ジャック・カントロフとジャック・ルヴィエのデュオで
ドビュッシー、ラヴェル、ルクーのヴァイオリン・ソナタ。
1987年10月5,6日にナイメヘン・コンセルトヘボウで収録。
一瞬を聞いただけで引き込まれるのだが、これは感動的だ。
ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタが、昔から大好きで、
いろいろな演奏を聞いてきたけれど、間違いなくベスト!
デュメイとピレシュの演奏もすごくいいのだが、その上を行く。
カントロフの何ともセンス抜群な表現ももちろん魅力的だし、
ジャック・ルヴィエのピアノが、私はお気に入りなのである。
とにかくこの二人のフランスものは、無敵の素晴らしさ。
ラヴェルのソナタは、有名なのではなく、遺作ということで
はじめて聞く。1897年の作曲で若いとき(22歳)の作品だ。
それにルクーのソナタ(1891年作曲)も貴重でありがたい。
フランクのソナタが1886年の作曲だそうで、少し前になる。

DENON COCO-70802

|

« 今日の月は…月齢6.1 | トップページ | ウィグモア・ホール 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63082462

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・ジャック・カントロフ 5:

« 今日の月は…月齢6.1 | トップページ | ウィグモア・ホール 2008 »