« 柳家小ゑん「本田宗一郎物語」 | トップページ | 今日の月は…月齢7.5 »

2016年2月15日 (月)

シュトゥットガルト放送交響楽団

ステファヌ・ドゥネーヴ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団による
オネゲルの交響曲 第3番と第2番、ラグビー、パシフィック231。
交響曲第3番が2012年12月13,14日、パシフィック231が、
2014年12月15日にシュトゥットガルトのリーダーハレで収録。
ラグビーが2014年10月6日、交響曲第2番が10月7-9日、
ジンデルフィンゲンのシュタットハレでの録音。大好きな作品だ。
とはいってもオネゲルの交響曲は5曲あるそうなのだけど、
私は第2番と第3番しか聞いたことがない。第3番が有名か。
「典礼風」とか「礼拝」という副題が付いている。前の第2番は、
弦楽とトランペットのための作品で、カラヤンの名演があるので、
親しみがある。そしてスポーツを音楽で表現した「ラグビー」、
お馴染みの蒸気機関車「パシフィック231」と後半は楽しい!
シュトゥットガルト放送交響楽団でオネゲルが聞けるなんて、
ステファヌ・ドゥネーヴならではの選曲である。素晴らしい!

Hanssler CD 93.343

|

« 柳家小ゑん「本田宗一郎物語」 | トップページ | 今日の月は…月齢7.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63219285

この記事へのトラックバック一覧です: シュトゥットガルト放送交響楽団:

« 柳家小ゑん「本田宗一郎物語」 | トップページ | 今日の月は…月齢7.5 »