« 横浜の風景から 454 | トップページ | 横浜の風景から 455~桜 »

2016年3月26日 (土)

相鉄瓦版234号より

20160326

今月の相鉄瓦版にいずみ野線開業のときのことが
紹介されていて、昭和51年4月8日のことである。
うちが希望ヶ丘に来たのが、昭和50年2月であり、
緑園都市が造成中で赤土が露わになっていたのを
よく覚えているのだが、二歳頃の記憶ということは
ないと思うので、それは少し後のこと。いずみ野線は
とっくに開通していたことになる。緑園都市の発展に
合わせて、いずみ野線は先行して、開業していた。

面白かったのが、計画段階での駅の名称である。
当初は万騎が原、子易、新橋町、和泉町であった。
当時の地名のままである。緑園都市駅の場所が、
戸塚区岡津町子易谷であった。そして最終的に
南万騎が原、緑園都市、弥生台、いずみ野に。
戸塚区新橋町の駅周辺で弥生時代の遺跡が
発掘されて、それで弥生台という駅名が付いた。
その後の現在は地名も泉区弥生台となっている。

|

« 横浜の風景から 454 | トップページ | 横浜の風景から 455~桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63400074

この記事へのトラックバック一覧です: 相鉄瓦版234号より:

« 横浜の風景から 454 | トップページ | 横浜の風景から 455~桜 »