« 3月11日の感想 | トップページ | 3月13日の感想 »

2016年3月12日 (土)

ジョン・エリオット・ガーディナー 4

ジョン・エリオット・ガーディナーの指揮による
オルケストル・レヴォルーショネル・エ・ロマンティーク、
モンテヴェルディ合唱団の演奏でフォーレのレクイエム、
1992年1月にレミンスターのプライオリー教会で収録。
後半はサン・サーンス、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、
合唱曲をガーディナー指揮モンテヴェルディ合唱団で
1992年7月にパリのドイツ教会で収録されている。
父が葬儀には、フォーレのレクイエムを流してほしいと
常々いっていたので、気に入っていたクリュイタンスの
CDでお願いしたのだが、今日はガーディナーのCDで
昔を振り返っている。このCDを買ってきたときに
父が好きなので、聞かせたのだが、ガーディナーの
オリジナルの響き、原典版が気に入らなかったようで、
レコードでずっと聞いてきたアンドレ・クリュイタンスの
名盤を改めてCDで買ってくるように頼まれた。
父はそのクリュイタンス盤をいつも聞いていた。
ガーディナーの演奏は古楽の響きで透明感があり、
私はいいと思うのだけど。合唱の歌声も厳粛である。

PHILIPS 438 149-2

|

« 3月11日の感想 | トップページ | 3月13日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63336982

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・エリオット・ガーディナー 4:

« 3月11日の感想 | トップページ | 3月13日の感想 »