« 横浜の風景から 458~桜 | トップページ | 4月7日の感想 »

2016年4月 6日 (水)

新宿末廣亭 4月上席

朝日新聞で末廣亭の招待券が当たって、
今日は母を連れて、新宿へ行ってきた。
4月上席(昼)は小満ん師匠がトリなので、
平日の条件付きだけど、今週に決めていた。

昼席
柳家小かじ:出来心
柳家わさび:強情灸
ダーク広和:奇術
柳家三之助:のめる
隅田川馬石:鮑のし
笑組:漫才
柳家我太楼:権助芝居
桃月庵白酒:粗忽長屋
林家ペー:漫談
入船亭扇好:持参金
柳家さん福:五目講釈
三遊亭小円歌:三味線漫談
三遊亭金馬:孝行糖
-仲入り-
春風亭朝也:宮戸川
ホンキートンク:漫才
柳家三三:道具屋
柳家一九:桃太郎
翁家社中:太神楽曲芸
柳家小満ん:笠碁

わさびさんから三之助さん、馬石さん、我太楼さん、白酒さんと
若手による前半の流れが、なんともよかった。特に我太楼さんの
権助キャラには味があって、田舎芝居の七段目は面白すぎ。
小満ん師匠はお得意の「笠碁」であった。何度聞いてもいい。
旦那は碁の相手のいない苛立ちを小言で紛らわしているのだが、
店の外に友人が現れることで、ころっと機嫌が直ってしまったり、
小さなことにもいちいち一喜一憂して、その細やかな場面描写や
豊かな表情、満面の笑みは絶品である。「笠碁」は大好きだ。

父が昔、母親(私の祖母)を鈴本(建て替え前の鈴本である)へ
寄席見物に連れていったそうなのだけど、私も母と二人残って、
父と同じことをしているな…って、ちょっと親孝行の一日であった。
自由に出掛けられるようになったので、また小満んの会へ行こうと
誘っているのだが、やっぱり寄席はいいと楽しそうであった。

|

« 横浜の風景から 458~桜 | トップページ | 4月7日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63450239

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿末廣亭 4月上席:

« 横浜の風景から 458~桜 | トップページ | 4月7日の感想 »