« 圓朝速記~真景累ヶ淵(二六) | トップページ | 東海道の風景から 65~品川宿 »

2016年4月21日 (木)

イルジー・ビエロフラーヴェク 7

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルによる
ドヴォルザークの交響曲全集を収録順に聞いている。
今日は、交響曲 第3番 変ホ長調 作品10で
2012年12月17-21日にプラハのルドルフィヌムで収録。
交響曲第1番と第2番はあまり印象に残らないのだが、
この第3番以降は圧倒的に素晴らしい作品となり、
やはり聞く機会は少ないが、私の中では重要である。
「タンホイザー」からの引用やワーグナー風の作風だけど
たしかにその傾向があり、その辺が好きな理由かなと
しかし音色はまさしくドヴォルザークの清々しい響きだし、
明るく前向きに…どこを聞いても音楽は楽しいのである。

DECCA 478 6757

|

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(二六) | トップページ | 東海道の風景から 65~品川宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63518721

この記事へのトラックバック一覧です: イルジー・ビエロフラーヴェク 7:

« 圓朝速記~真景累ヶ淵(二六) | トップページ | 東海道の風景から 65~品川宿 »