« 4月12日の感想 | トップページ | ロリン・マゼール 24 »

2016年4月13日 (水)

圓朝速記~真景累ヶ淵(二五)

土手の甚蔵と新吉が兄弟分の固めをする場面である。

甚蔵「兄弟分に成ったから兄に物を隠しちゃアいけねえぜ」
新吉「ヘエヘエ」
甚蔵「お互(たげえ)に悪い事も善(い)い事も
打明けて話し合うのが兄弟分だ、いゝか」
新吉「ヘエヘエ」
甚蔵「今夜土手で女を殺したのはお前(めえ)だのう」

兄弟分の盃を交わした途端に甚蔵が新吉を脅かすという
このやりとりも面白いのである。甚蔵の狙いは金なのだが。

甚蔵「居られなければ出て行け、さア居られなければ出て行きや、
無理に置こうとは云わねえ、兄弟分になれば善い悪いを
明(あか)しあうのが兄弟分だ、兄分の己の口から縛らせる
気遣(きづけえ)ねえ、殺したから殺したと云えと云うに」

|

« 4月12日の感想 | トップページ | ロリン・マゼール 24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63483225

この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝速記~真景累ヶ淵(二五):

« 4月12日の感想 | トップページ | ロリン・マゼール 24 »