« 落語につぶやき 271~鼻むけ | トップページ | 4月4日の感想 »

2016年4月 3日 (日)

ザハ・ハディド死去

3月31日、ザハ・ハディドが亡くなった。65歳。
「マイアミの病院で心臓発作のため死去」
このニュースには驚かされた。こうなってみると
いろいろな意味で、新国立競技場の設計が
白紙撤回されていて、よかったのかもしれない。

20160403

正直な話、コンペ案が最初に発表されたとき
このCGは衝撃的だった。その衝撃のままに
この通りに完成していれば、世界に誇れる…
最先端の建築が実現されたのかもしれない。
しかしその後、変更が重ねられ、跡形もない
みっともない案に塗り替えられてしまったので
それでは納得できないし、価値も失われた。
計画の変更を説明する場にザハ・ハディドが
姿を現したことがないし、修正案にどれだけ
関わっていたのか知らないが、全くの別案だ。

我々が学生だったときにポロ・アンド・ムサヴィの
横浜港の大桟橋客船ターミナルが同じように
建設不能と予算オーバーで頓挫していたのだが、
西洋建築史の吉田鋼市先生が授業の中で
(当時は横浜国立大学助教授)、「赤字になっても
ニュースになって、観光客がどっと来るのだから
巨大な経済効果を生み出して、建築というものは、
何が何でも作らなければいけない…」とおっしゃって、
それはおそらく…ヨーロッパの大聖堂の建設など
そのときは無謀な行いと思われても乗り越えることで
人類にとっては偉大な成果が得られることもある…
そんな話題からの脱線だったのではと思うのだが、
その後に大桟橋客船ターミナルは、ワールドカップの
開催に合わせて、無理やりに(建設費の追加予算が、
当時の横浜市議会で大問題になった)実現されて、
しかし現在も横浜の人気観光スポットになっているし、
ドラマやCMでもよく撮影に使われて有名なのである。
時間が経って、いまさら建設費の高騰に文句をいう人も
いないわけで、横浜を代表する名建築のひとつなのだ。

あとこれも学生だった頃の話だが、ザハ・ハディド、
それに有名なのがダニエル・リベスキンドだが、
ペーパー・アーキテクトとして、実現性のない建築、
建設不能な空想の建築ばかりを考えている…
というイメージがあったので、その後、いくつも
プロジェクトは実現しているのだけど、違和感もあり、
東京では潰れたというと…それだけの飛躍した
アイデアだったのかな?とは思ってしまった。
でも経済が許せば、技術的には実現したと思うし、
東日本大震災、原発事故以降の自粛ムードの中で
時代に即さない建築としては、不運でもあったと思う。

おまけ
ふと思い出したのが、事務所での雑談で
石井和紘さんが、大桟橋客船ターミナルのことを
「あれはゴルフ場だよ」といっておられた。上手い!

|

« 落語につぶやき 271~鼻むけ | トップページ | 4月4日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63435482

この記事へのトラックバック一覧です: ザハ・ハディド死去:

« 落語につぶやき 271~鼻むけ | トップページ | 4月4日の感想 »