« 落語につぶやき 272~おかちん | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 1 »

2016年5月23日 (月)

デニス・ラッセル・デイヴィス 8

デニス・ラッセル・デイヴィス指揮リンツ・ブルックナー管弦楽団で
ブルックナーの交響曲全曲を収録順に聞いているのだが、
今日は交響曲 第5番 変ロ長調(1878年第2稿 ノヴァーク版)
2006年11月16日にリンツ・ブルックナーハウスでライブ収録。
素晴らしい!響きが美しくて、スムーズな流れ、安定感を基調に
ブルックナーの交響曲でも最も複雑で緻密な作風を丁寧に
透明感をもって聞かせているので、その明瞭さに感動する。
もちろん重厚な広がりも存在するのだが、独特の清涼感で
引き締まった造形が、厳粛さと神聖な空気を与えていくのは、
ここでの最大の成果だと…私はたいへんに気に入っている。

ARTE NOVA 88697 74977 2

|

« 落語につぶやき 272~おかちん | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63674966

この記事へのトラックバック一覧です: デニス・ラッセル・デイヴィス 8:

« 落語につぶやき 272~おかちん | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 1 »