« アルバン・ベルク四重奏団 7 | トップページ | ラン・ラン 1~ショパン »

2016年6月 2日 (木)

リッカルド・ムーティ 7

リッカルド・ムーティ指揮フィルハーモニア管弦楽団で
チャイコフスキーの交響曲を収録順に聞いている。
今日は交響曲 第3番 ニ長調 作品29 「ポーランド」で
1977年6月24,25日にアビー・ロード・スタジオで収録。
このシリーズでは、若き日のムーティの天才ぶりが、
いかんなく発揮されており、スッキリとスタイリッシュに
その鮮やかな音楽は圧倒的存在感である。感動的だ。
しかしその一方で、ゆっくりと歌うところでのいま一つ…
表面的な印象、深みのない響きは残念で、その点は、
録音の仕上がりによるものともいえるかもしれないし、
仕方ないか。とにかくそのスピード感覚は最大の魅力。

CDR877

|

« アルバン・ベルク四重奏団 7 | トップページ | ラン・ラン 1~ショパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63722435

この記事へのトラックバック一覧です: リッカルド・ムーティ 7:

« アルバン・ベルク四重奏団 7 | トップページ | ラン・ラン 1~ショパン »