« アルフレッド・ブレンデル 17 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 11 »

2016年6月 9日 (木)

アルバン・ベルク四重奏団 8

アルバン・ベルク四重奏団でブラームスの弦楽四重奏曲を
収録順に聞いたが、その続編となる弦楽五重奏曲第2番
1998年6月にウィーン・コンツェルトハウスでのライブ録音。
ヴィオラには、ハリオルフ・シュリヒティッヒが加わっている。
ブラームスの室内楽は傑作ぞろいで昔から大好きなのだが、
二曲ある弦楽五重奏曲は、実はあまり聞いてこなかったので、
アルバン・ベルク四重奏団で聞けるというのは貴重な機会だ。
明るく躍動する第2番だけど、いきいきと歌われて、この輝き、
光に満ちた印象は、アルバン・ベルク四重奏団ならではのもの。
両端の楽章がト長調で書かれているが、間の二つの楽章は、
短調であり、そこがまた何ともよくって、ブラームスは偉大だ。

EMI 72435 56759 2 7

|

« アルフレッド・ブレンデル 17 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63755310

この記事へのトラックバック一覧です: アルバン・ベルク四重奏団 8:

« アルフレッド・ブレンデル 17 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 11 »