« 横浜の食風景から 10~横濱アイス工房 | トップページ | ロリン・マゼール 26 »

2016年7月23日 (土)

アンドレ・プレヴィン 17

アンドレ・プレヴィン指揮ロイヤルフィルによる
ヴォーン・ウィリアムズの交響曲 第5番 ニ長調、
そしてタリスの主題による幻想曲を聞いている。
1988年7月6,7日にウォルサムストウ・タウンホール。
一般的にはそれほど聞けないし、知られていないが、
ヴォーン・ウィリアムズの交響曲は本当に素晴らしい。
アンドレ・プレヴィンがいつも通り角の取れた音作りで
穏やかな表情を生み出し、英国的な響きは厳粛である。
作品の方向性からいっても刺激的な要素は少ないが、
独特な丁寧さがあって、ゆったりと流れる時間に感動。

TELARC CD-80158

|

« 横浜の食風景から 10~横濱アイス工房 | トップページ | ロリン・マゼール 26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63957127

この記事へのトラックバック一覧です: アンドレ・プレヴィン 17:

« 横浜の食風景から 10~横濱アイス工房 | トップページ | ロリン・マゼール 26 »