« クリスティアン・ゲルハーヘル 7 | トップページ | ジェームズ・レヴァイン 7 »

2016年7月11日 (月)

ミヒャエル・ギーレン 7

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第2集)で
ブルックナーの交響曲全集を収録順に聞きたい。
ザールブリュッケン放送交響楽団の演奏で
交響曲 第2番 ハ短調 (1877年 ハース版)
1968年3月14,15日にザールブリュッケンで収録。
動きの足取りの快調なところ、きびきびと明解であり、
スポーツ的な感覚に満ちている。明るい高音部での
光眩しく爽やかな透明感には、若き日のギーレンが、
ブルックナーに新鮮な感性で取り組んでいたことに
ファンとしては感動した。ハース版で原点志向だが、
1877年ということなので改訂版(第2稿)のようだ。
ハース版には1872年稿も盛り込まれているけれど、
後に1872年の第1稿も出版されているそうで、
しかし1968年の当時は、一般的にハース版か。

SWR>>music CD-No.SWR19014CD

|

« クリスティアン・ゲルハーヘル 7 | トップページ | ジェームズ・レヴァイン 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/63902781

この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・ギーレン 7:

« クリスティアン・ゲルハーヘル 7 | トップページ | ジェームズ・レヴァイン 7 »