« 今日の月は…月齢4.3 | トップページ | 落語につぶやき 278~幽女買い »

2016年8月 7日 (日)

アルバン・ベルク四重奏団 11

アルバン・ベルク四重奏団でシューベルトを聞いている。
弦楽四重奏曲 第14番「死と乙女」(1984.12.14-21)
弦楽四重奏曲 第13番「ロザムンデ」(1984.6.14-20)
セオンの福音教会で収録。1980年代の名盤である。
「死と乙女」が大好きな私にとっては、大切なCDで
厳しさと鋭利な感覚、音楽への深い切り込みは独特で
その素晴らしさは、別格な存在感ではあるのだけれど
今になって思うことは、アルバン・ベルク四重奏団が
同時に人間っぽい部分も醸し出しているし、それは
暖色系な色合いにもつながって、どこか近いのである。
高い完成度ながら、超人的なところはなくて、つまり
聞けば聞くほどに引き込まれ、これこそが名演だ。

Warner 50999 7 35870 2 6

|

« 今日の月は…月齢4.3 | トップページ | 落語につぶやき 278~幽女買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64027150

この記事へのトラックバック一覧です: アルバン・ベルク四重奏団 11:

« 今日の月は…月齢4.3 | トップページ | 落語につぶやき 278~幽女買い »