« ヘルベルト・ブロムシュテット 13 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 15 »

2016年8月10日 (水)

イルジー・ビエロフラーヴェク 13

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルによる
ドヴォルザークの交響曲全集を収録順に聞いている。
今日はフランク・ペーター・ツィンマーマンの独奏による
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53を聞いている。
2013年12月2-6日にプラハのルドルフィヌムで収録。
ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲は、かなり昔から
聞いているのだが、それほど親しんでいる印象はなく、
しかしこの数年、しだいにその魅力が分かってきたのか、
最近はむしろ好きである。この作品も協奏曲としての
華やかさよりもむしろ音楽的な深まりで、その点では
ブラームス的な方向性でもあり、さらに渋いような
そんな気もするのだが、いまはそこが感動的である。
フランク・ペーター・ツィンマーマンで聞けるのも喜び。

DECCA 478 6757

|

« ヘルベルト・ブロムシュテット 13 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64040914

この記事へのトラックバック一覧です: イルジー・ビエロフラーヴェク 13:

« ヘルベルト・ブロムシュテット 13 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 15 »