« 吾輩ハ猫デアル 79 | トップページ | カラヤンの1980年代 35 »

2016年8月 5日 (金)

ウィグモア・ホール 2004

ウィグモア・ホールのライブ・シリーズから
ローベルト・ホルによる歌曲リサイタル。
シューマンのリーダークライス 作品39
プフィッツナーの4つの歌曲 作品32
ブラームスの4つの厳粛な歌 作品121
ピアノは、ロジャー・ヴィニョールズである。
2004年12月7日にウィグモア・ホールでライブ収録。
ドイツ・ロマン派の歌曲による重厚なプログラムだが、
暑い夏の晩に聞いて、これが思ったよりも心地がいい。
私はローベルト・ホルのハンス・ザックスを聞いて以来、
大ファンなもので…なんとも心落ち着く歌声でもあって、
選曲の魅力もあって、感動的だ。バス・バリトンの声に
合わせ、ここではゆったりと深みのある音楽なのだが、
ロジャー・ヴィニョールズのピアノは、知的で緻密に
歌曲ピアニスト・マニアにとっては、偉大な存在。

Wigmore Hall Live WHLive0015

|

« 吾輩ハ猫デアル 79 | トップページ | カラヤンの1980年代 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64017409

この記事へのトラックバック一覧です: ウィグモア・ホール 2004:

« 吾輩ハ猫デアル 79 | トップページ | カラヤンの1980年代 35 »