« リッカルド・ムーティ 9 | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 9 »

2016年9月30日 (金)

デニス・ラッセル・デイヴィス 10

デニス・ラッセル・デイヴィス指揮リンツ・ブルックナー管弦楽団で
ブルックナーの交響曲全曲を収録順に聞いているのだが、
今日は交響曲 第6番 イ長調(1881年 ノヴァーク版)
2008年2月7日にリンツ・ブルックナーハウスでライブ収録。
非常に丁寧に精妙な響きを聞かせているのが特長的であり、
見通しのよいスッキリとした音楽は共通だが、今回も爽やかだ。
デニス・ラッセル・デイヴィスのよさであり、私には魅力だけど、
深い響きかというと端正にコントロールされているところで
表面的な効果に偏っている印象はある。しかし音響として
伸びやかな音色が豊かに鳴っているのはブルックナー的だし、
強いこだわりと高い完成度で、本当に素晴らしいシリーズだ。

ARTE NOVA 88697 31989 2

|

« リッカルド・ムーティ 9 | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64281023

この記事へのトラックバック一覧です: デニス・ラッセル・デイヴィス 10:

« リッカルド・ムーティ 9 | トップページ | エマーソン弦楽四重奏団 9 »