« リッカルド・ムーティ 10 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »

2016年10月 6日 (木)

ケント・ナガノ 13~R.シュトラウス

ケント・ナガノ指揮エーテボリ交響楽団による
R.シュトラウスのアルプス交響曲を聞いている。
2014年11月にエーテボリ・コンツェルトハウスで収録。
山のシーズンも終わりなのだが、今日はちょっと暑く、
夏の気分で、ケント・ナガノの新しいディスクを聞く。
2014年からケント・ナガノが、エーテボリ交響楽団の
首席指揮者を務めているが、私はネーメ・ヤルヴィが
昔から好きなので、いろいろと聞いてきたけれど、
ケント・ナガノのエーテボリでの演奏ははじめてだ。
大好きな作品なのだけど、今回もとにかく感動的。
交響曲に徹するわけではなく、十分に色彩的だし、
といって、映像効果の迫力で圧倒するわけでもなく、
ケント・ナガノであるから、コントロールは緻密であり、
完璧な仕上がりに一瞬の緩みもない51分間だ。

FARAO B108091

|

« リッカルド・ムーティ 10 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64309666

この記事へのトラックバック一覧です: ケント・ナガノ 13~R.シュトラウス:

« リッカルド・ムーティ 10 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »