« ズービン・メータ 8 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三四) »

2016年10月 9日 (日)

黒門亭で小満ん・燕弥・たけ平

小満ん師匠を聞きに黒門亭に行ってきた。
朝のうち、ひどい雨で…早めに出掛けて、
寄り道していくのはやめたけど、出る頃には
雨も止んでくれて、助かった。夕方はいい天気。

第2部
春風亭きいち:芋俵
古今亭志ん松:饅頭こわい
柳家小満ん:厩火事
柳家燕弥:夢の酒
林家たけ平:中村仲蔵

開口一番は、きいちさんが「芋俵」。兄ぃも弟分も松公も
三人とも間抜けで、抜けているところが噺の面白さだが、
一人、役者が足りないと気付くのは弟分で、しっかりそうで
兄貴分も抜けているのだから、その辺の匙加減が重要か。
松公の大胆にバカなところは、きいちさんが上手かった。
続いて、志ん松さんが、お馴染みのところで「饅頭こわい」、
上手くなった!って思う。丁寧に喋っていくところは変わらず、
でも思いきりよくなったような…すると明るく、楽しさも増す。
小満ん師匠は、十月の「神無月」で出雲に神様が集まる…
縁結びのマクラからお得意の「厩火事」であった。最高!
マクラで(詳しいことは忘れたが)着物の裾に紐のような…
何かを縫い付ける縁結びのおまじないで、試したお方に
成果を聞いてみたところ「紐付きだった」という失敗談で
でもそれが、「厩火事」の髪結いの亭主に活きてくる…
師匠の「厩火事」は何回か聞いているが、この入り方は
今回がはじめてですごくよかった。後から気付くことだけど。
右太楼さんが燕弥さんになって、はじめてなので久しぶり。
軽快な流れで「夢の酒」だけど、相変わらずすごく上手い。
お花さんが泣いて、旦那が怒って、隣で若旦那が笑って、
これじゃ、まとまらない…という、その三様が実に見事!
そして今日のトリは、たけ平さんの「中村仲蔵」である。
燕弥さんが聞いたところ、先代の圓楽師匠に習ったそうな。
ということは、圓生師匠の型が元となっているのだと思うけど、
オチについていうと「煙に巻かれる、貰ったのが煙草入れ」で
八代目正蔵師匠のサゲであった。こちらの方がいいと思う。
圓生師匠の「仲蔵」ならば、役者一代記を地噺で語っていく…
そういう方向なのだけど、それを楽しく、少々漫談風な印象で
そこは三平一門の芸風が活きて、たけ平さんのオリジナルだが、
ちょっと聞いたことのないタイプの「中村仲蔵」だった気がする。
初日の舞台が終わって、やり損なったと思い込んでいる仲蔵と
女房おきちとのやり取り、そして師匠伝九郎に呼び出されて、
謝ったり、たて突いたり、仲蔵の勝手な勘違いなのだから、
その後、師匠から心底、ほめられるのだが、この場面は、
私はさっぱりした感じが好きで、そこがいいんじゃないか!
って、いわれてしまいそうだが、後半の盛り上がりではあった。
「中村仲蔵」は、五段目の芝居の工夫を丁寧に表現するのと
もっと役者一代記で淡々と出世噺を語っていくのと…色々だが
たけ平さんは、その後半に重きを置くならば、仲蔵の苦労を
陰で支えた女房、そして仲蔵を引き立てた師匠伝九郎の親心、
もちろん團十郎の存在もあって、そこが噺の核かもしれない。

20161009

|

« ズービン・メータ 8 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三四) »

コメント

はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
質問なのですが、たけ平師匠の仲蔵が先代円楽師匠からという話を燕弥師匠が仰っていたとのことですが、燕弥師匠がマクラで仰られたのでしょうか?それとも直接おききになられたのでしょうか?ご回答願います。

投稿: 通りすがり | 2016年11月 5日 (土) 23:51

お答えいたします。
燕弥さんがマクラで語られました。楽屋でたけ平さんから聞いてきた話を紹介されていました。
よろしくお願いいたします。

投稿: たけお | 2016年11月 6日 (日) 00:30

たけお様
お答え頂きましてありがとうございました。感謝致します。

投稿: 通りすがり | 2016年11月 6日 (日) 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64323983

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小満ん・燕弥・たけ平:

« ズービン・メータ 8 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三四) »