« ズービン・メータ 10 | トップページ | 吾輩ハ猫デアル 151 »

2016年11月29日 (火)

エリアフ・インバル 27

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団で
バルトークの歌劇「青ひげ公の城」を聞いている。
カタリン・センドレニのユディット、そして青ひげ公は
ファルク・シュトルックマンで、1992年9月23-25日に
フランクフルトのアルテ・オーパーで収録されている。
これまで聞いた中でも最も響きの美しい「青ひげ公」で
インバルの作り出す精妙な表現、ひんやりと冷たい…
透明感のある音色だが、細部にまで徹底して緻密に
それが洗練された表情を生み出して、最高の感動だ。
34歳のファルク・シュトルックマンで、録音としては、
最初の頃となるのだろうか?しかし何ともいい声で
私は大好きである。ワーグナーばかり聞いていたが、
バルトークで出会えるとは!という…これはうれしい。

DENON COCO-70998

|

« ズービン・メータ 10 | トップページ | 吾輩ハ猫デアル 151 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64561336

この記事へのトラックバック一覧です: エリアフ・インバル 27:

« ズービン・メータ 10 | トップページ | 吾輩ハ猫デアル 151 »