« ウィグモア・ホール 2009 | トップページ | 横浜の風景から 478~金沢八景3 »

2016年11月19日 (土)

日和下駄の風景 5~日和下駄

永井荷風「日和下駄」 第一 日和下駄より

…何という事なく蝙蝠傘(こうもりがさ)に
日和下駄を曳摺(ひきず)って行く中(うち)、
電車通の裏手なぞにたまたま残っている
市区改正以前の旧道に出たり、あるいは
寺の多い山の手の横町の木立を仰ぎ、
溝(どぶ)や堀割の上にかけてある
名も知れぬ小橋を見る時なぞ、
何となくそのさびれ果てた周囲の光景が
私の感情に調和して少時(しばし)
我にもあらず立去りがたいような
心持をさせる。そういう無用な感慨に
打たれるのが何より嬉しいからである。

見落としそうな日常の時間に…そこに
発見があるのは、些細なものでも感動がある。
その価値は自分だけのものかもしれないが、
一度、気付くと、ずっとお気に入りとなる。

|

« ウィグモア・ホール 2009 | トップページ | 横浜の風景から 478~金沢八景3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64516195

この記事へのトラックバック一覧です: 日和下駄の風景 5~日和下駄:

« ウィグモア・ホール 2009 | トップページ | 横浜の風景から 478~金沢八景3 »