« マレイ・ペライアのバッハ 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三七) »

2016年11月16日 (水)

マリインスキー劇場管弦楽団

ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団、
ピアノ独奏はアレクセイ・ヴォロディンでプロコフィエフの
ピアノ協奏曲 第4番を聞いている。2015年9月13日に
マリインスキー劇場コンサートホールで収録されている。
この第4番は、パウル・ヴィトゲンシュタインの委嘱による
左手のためのピアノ協奏曲である。左手のみということに
意識が行かない充実したピアノ独奏だが、それもあって、
シンプルで清々しい響きは耳に心地よく、楽しい曲である。
アレクサンドル・トラーゼのCDでしか聞いたことなかったが、
改めて聞いてみると素晴らしい作品で、するとつまりは、
プロコフィエフのピアノ協奏曲は、全5曲とも傑作である。

MARIINSKY MAR0577

|

« マレイ・ペライアのバッハ 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三七) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64503273

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキー劇場管弦楽団:

« マレイ・ペライアのバッハ 2 | トップページ | 圓朝速記~真景累ヶ淵(三七) »