« ロンドンフィル 1994/1995 | トップページ | 横浜の風景から 485~羽沢 »

2016年12月 9日 (金)

イルジー・ビエロフラーヴェク 15

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルによる
ドヴォルザークの交響曲全集を収録順に聞いたが、
今日はその続編でスラブ舞曲集 作品46を聞いている。
2014年12月17-21日にプラハのルドルフィヌムで収録。
ドヴォルザークの作品でも最もチェコ色が強いと思うが、
だからこそチェコフィルでなければ聞けない魅力にあふれ、
いつもながらの極上の音楽にこれは気分も盛り上がる。
自国の作品に対する自信と誇り、チェコ人の格別な想いが
演奏に込められているが、それが自然体で実にさり気なく、
作為的なものが全くないので、心に響いてくる。感動的だ。
ドヴォルザークの音楽もチェコフィルの演奏もそれは宝物。

DECCA 478 9458

|

« ロンドンフィル 1994/1995 | トップページ | 横浜の風景から 485~羽沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64604475

この記事へのトラックバック一覧です: イルジー・ビエロフラーヴェク 15:

« ロンドンフィル 1994/1995 | トップページ | 横浜の風景から 485~羽沢 »