« 12月28日の感想 | トップページ | 横浜の風景から 487~七サバ参り »

2016年12月29日 (木)

バイエルン放送交響楽団

マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団による
ドヴォルザークの交響曲第8番と序曲「謝肉祭」のライブ、
2016年1月29,30日にミュンヘン・フィルハーモニーで
そしてスークの弦楽セレナードはスタジオ録音なのだが、
2016年1月25日にミュンヘン・フィルハーモニーで収録。
思ったよりも熱い演奏だった。しっかりと厚みのある響きで
じっくりと歌い込んでいるからであり、チェコの民族色は
それほどに強調されないけれど、細やかな表情付けは
冴えわたって、豊かな色彩と躍動感にあふれている。
ライブの熱気がたっぷりと詰まっているのが魅力だが、
特にドヴォルザークでは、調性が変わる神秘的な瞬間を
もっと感じたかったけれど、勢いがあって、前向きな印象。

BR 900145

|

« 12月28日の感想 | トップページ | 横浜の風景から 487~七サバ参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64693020

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« 12月28日の感想 | トップページ | 横浜の風景から 487~七サバ参り »