« リッカルド・ムーティ 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 18 »

2017年1月28日 (土)

ロンドンフィル 2008/2009

ロンドンフィルの2008/2009シーズンの演奏から
ウラディーミル・ユロフスキ指揮のヴォーン・ウィリアムズで
交響曲 第8番 ニ短調を聞いている。2008年9月24日に
ロイヤル・フェスティバル・ホールでライブ収録されている。
ヴォーン・ウィリアムズの交響曲は、なかなか聞く機会もなく、
少しも詳しくないのだが、聞いてみると本当に素晴らしい。
この第8番も幻想的な作風で抑制の中に存在する美しさが、
疲れた現代人を癒してくれるようなところは、この作曲家の
独特な特長である。響きの不安定な動きに惹かれるのであり、
ヴォーン・ウィリアムズは好きになるとたまらないものがある。
聞けば聞くほどに深く味わいがあって、もっと聞かねば…

LPO-0082

|

« リッカルド・ムーティ 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64821917

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンフィル 2008/2009:

« リッカルド・ムーティ 11 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 18 »