« ダニエレ・ガッティ 2 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 19 »

2017年1月 7日 (土)

黒門亭で右女助・きく麿・小満ん

今日は小満ん師匠を聞きに今年最初の黒門亭。
第1部のトリが菊之丞さんの「文七元結」だったので、
遅くなるだろう…つまり開場時間が遅れるというのは
わかっていたのだが、それにしても黒門町は寒かった。
最後の頃は、冷え切ってしまって、死ぬかと思った。

20170107a

第2部
柳亭市若:元犬
三遊亭時松:河豚鍋
桂右女助:真田小僧
林家きく麿:歯ンデレラ
柳家小満ん:御慶

今年の最初の一席は「元犬」だった。開口一番は市若さん。
「元犬」は短くて、前座さんでもよく聞くけれど、面白いし、
いまになって、いい噺だな…って思うのである。軽くていい。
時松さんが幇間の噺で「河豚鍋」だったのだが、その後の
右女助さんが今日は「二番煎じ」を準備してきたそうで、
すると猪鍋で…いろいろ付くからということで「真田小僧」に。
時松さんは「幇間」を演りたくて、右女助さんは「火事」だけど、
結果的に「鍋」で付くという意外な展開。落語って、面白い。
その「真田小僧」は、去年の大河「真田丸」に合わせて、
昨秋、準備してあったそうで、年が変わってしまったけれど
ということだが、「真田小僧」の後半で講釈のところだけど、
「真田丸」を見た後で聞くと…なるほど、まるで印象が違う。
きく麿さんが、老人ホームでの落語会のマクラから新作で
「歯ンデレラ」という…ガラスの靴でなく、入れ歯なのであり、
これが面白かった。きく麿さんの新作は、私は好きである。
新作なので内容は書かないけれど、書きたくなってしまう。
小満ん師匠の「御慶」は三回目なので、安心して聞けたが、
今日はちょうど30分ほどで、思い返すとコンパクトだった。
私は最初の頃から「御慶」という噺が大好きだったのだけど、
正月に寄席に行かないので、なかなか聞けなかったのだが、
小満ん師匠が「棚卸し」や「小満んの会」で演じてくれたので、
聞いたことのある噺になって、今年の正月も聞けて、幸せ!
オチは「恵方詣りに行ってきた」だが、最近、知ったのは、
江戸時代には、その歳の恵方にある神社にお参りをする
「恵方詣り」だったのであり、現在の「初詣」の考え方は、
明治になって、鉄道が発達してから…ということは、昨年、
朝日新聞の記事に見付けたのだが、この正月二日にも
ブラタモリの「成田山」を見ていて、京成と国鉄の競争で
成田山への正月参拝客が増えたと紹介されて、同じことは
京浜急行(明治時代は京浜電気鉄道)で行く川崎大師にも
当てはまるけれど、現在の初詣のあり方は明治以降であり、
つまり「御慶」では、「恵方詣り」でなくてはいけないのだ。

20170107b

|

« ダニエレ・ガッティ 2 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64734414

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で右女助・きく麿・小満ん:

« ダニエレ・ガッティ 2 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 19 »