« サカリ・オラモ 1 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 18 »

2017年2月26日 (日)

アルバン・ベルク四重奏団 23

アルバン・ベルク四重奏団のドヴォルザークで
弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 作品51
弦楽四重奏曲 第14番 変イ長調 作品105
1999年5,6月にウィーン・コンツェルトハウスで収録。
ドヴォルザークの音楽は、すべてといっていいぐらいに
祖国チェコへの想いにあふれているが、ここでの二曲も
まさにそうであり、こういう作品での躍動感ある演奏って
アルバン・ベルク四重奏団は何とも魅力的だ。癒される。
元々は現代的でドライな演奏のイメージもあったのだが、
特に後年は、ロマン派の作品をライブ収録で録音して、
そこでは表情豊かに情緒のある音色であったと思う。
この二曲は、エマーソン四重奏団で昨年、聞いたので、
頭に残っているので思い出すが、有名な「アメリカ」で
第12番以外の弦楽四重奏曲ももっとふれる機会が
あってほしいとドヴォルザークの室内楽も素晴らしい。

Warner 0825646090334

|

« サカリ・オラモ 1 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64945524

この記事へのトラックバック一覧です: アルバン・ベルク四重奏団 23:

« サカリ・オラモ 1 | トップページ | ベルナルト・ハイティンク 18 »