« スヴャトスラフ・リヒテル 7 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2013 »

2017年2月16日 (木)

スヴャトスラフ・リヒテル 8

リヒテルが弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番
昨日聞いたのは、1977年のムーティとの協演盤だが、
1962年の演奏と比べたくなってしまって、出してみた。
クルト・ザンデルリンクの指揮によるウィーン交響楽団で
1962年9月のウィーン楽友協会大ホールでの録音である。
しかし続けて聞いてみると思った以上にリヒテルの解釈に
大きな変化はなかった。こちらの方が、剛と柔、動と静と
表現に幅があって、1977年の方が平坦な印象がある。
もちろんその動きを抑制している中に巨匠の芸による
深みが出てきた…とか、いろいろといえるのだろうが、
私はこちらのウィーンでの演奏の方がどうも好きだ。
その要因として、ザンデルリンクの指揮も感動的で
緊張感に満ちた迫力の響きは、とにかく力強い。

DG 427 198-2

|

« スヴャトスラフ・リヒテル 7 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64902635

この記事へのトラックバック一覧です: スヴャトスラフ・リヒテル 8:

« スヴャトスラフ・リヒテル 7 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2013 »