« 2月12日の感想 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »

2017年2月13日 (月)

マリインスキー劇場管弦楽団

ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団で
シチェドリンの歌劇「左利き(2013)」の第1幕を聞いている。
2013年7月27,28日のマリインスキー劇場での初演を収録。
シチェドリンがゲルギエフの還暦の祝いに作曲した歌劇で、
その作曲者本人はというと80歳で、作風は少しも変わらず
意欲的で熱い作品である。ロシア的な重厚な響きを基調に
ありとあらゆる手法を持ち込む世界観は、やはり独特だ。
こちらも原作は、ニコライ・レスコフの小説によるそうで、
「ぎっちょの鍛冶屋とのみ」だとある。風刺的な喜劇らしい。
古き頑固なロシア男の生き様が描かれていると説明にある。
音楽ではロシアの最新の状況を知ることができるのだが、
ショスタコーヴィチやプロコフィエフを聞いている感覚に近い。

MARIINSKY MAR0554

|

« 2月12日の感想 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/64890182

この記事へのトラックバック一覧です: マリインスキー劇場管弦楽団:

« 2月12日の感想 | トップページ | マリインスキー劇場管弦楽団 »