« ミヒャエル・ギーレン 17 | トップページ | 3月24日の感想 »

2017年3月23日 (木)

ジャン・イヴ・ティボーデ 1

ジャン・イヴ・ティボーデでブラームスとシューマン。
ブラームスのパガニーニの主題による変奏曲
シューマンのアラベスクと交響的練習曲(遺作変奏付)
1994年7月にロンドンのヘンリー・ウッド・ホールで収録。
練習曲のように技巧的な変奏曲と変奏曲形式の練習曲で
ありそうで意外になかったよい選曲だ。しかしブラームスも
パガニーニの主題を扱うとリストの超絶技巧を思わせて、
影響を受けたシューマンではなく、リストに近いのであり、
このパガニーニの主題による変奏曲は、どうも異色だと
私は思っているのだが、若い頃のブラームスは、こうした
方向性の作品をいくつか書いていた。思い浮かぶのは、
ピアノ・ソナタ 第2番など、まるでリストの作品のようで、
若い頃にリストの元を訪ねているそうだし、少なからず
憧れはあったのだろう。テーマとしては同類の音楽だが、
本来、近いところにいるはずのシューマンとブラームスで
ここではガラッと響きが変わるので、そこが面白さかと。
世界的にメジャーになった時期のティボーデの演奏で
絶好調に鮮やかながらも重厚な音楽を聞かせている。

CDR903

|

« ミヒャエル・ギーレン 17 | トップページ | 3月24日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65057650

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・イヴ・ティボーデ 1:

« ミヒャエル・ギーレン 17 | トップページ | 3月24日の感想 »