« 黒門亭で市江・小歌・小満ん | トップページ | プラハの春音楽祭 1995 »

2017年4月30日 (日)

アルバン・ベルク四重奏団 28

アルバン・ベルク四重奏団のベートーヴェンで
弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 作品135
1989年6月にウィーン・コンツェルトハウスで収録。
アルバン・ベルク四重奏団の再録音(ライブ)による
ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲を聞いてきた。
最後の第16番である。曲は短いながら緻密であり、
最も凝縮された音楽だと思うけど、こういう作品だと
アルバン・ベルク四重奏団の演奏は本当に鮮やか。
切れ味鋭く、透明感のある音色で重厚さはないが、
精妙な世界がベートーヴェンの深い境地を伝えて、
やはり感動的だ。曲はユーモアにあふれており、
楽しいのだが、複雑な技法が明らかにされている。

Warner 0724347682025

|

« 黒門亭で市江・小歌・小満ん | トップページ | プラハの春音楽祭 1995 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65218686

この記事へのトラックバック一覧です: アルバン・ベルク四重奏団 28:

« 黒門亭で市江・小歌・小満ん | トップページ | プラハの春音楽祭 1995 »