« ウラディーミル・アシュケナージ 16 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

2017年4月 5日 (水)

新宿末廣亭 4月上席

新宿の4月上席の昼のトリは小満ん師匠なので、
満開の桜をチラチラ見ながら、末廣亭に行ってきた。

昼席
春風亭朝七:子ほめ
柳家わさび:動物園
林家楽一:紙切り
三遊亭天どん:釜泥
柳家小せん:金明竹
江戸家小猫:動物鳴きまね
古今亭志ん輔:強情灸
むかし家今松:干物箱
ニックス:漫才
林家正蔵:漫談
金原亭伯楽:長屋の花見
松旭斉美智・美登:奇術
柳亭左楽:悋気の火の玉
-仲入り-
柳家一九:親子酒
笑組:漫才
桃月庵白酒:浮世床~本
柳家小団治:大安売り
翁家勝丸:太神楽曲芸
柳家小満ん:寝床

私的にはすごくいい顔付けで、わさびさんにはじまって、
志ん輔師匠、今松師匠に伯楽師匠、膝前が小団治師匠、
もちろん小満ん師匠のお弟子さんで一九師匠も登場だし、
それに代演の噺家さんがピタッと来た印象で、小せんさん、
ペヤングの文楽師匠に代わって、左楽師匠が出演なんて、
なんて魅力的な一日だ。花見に行っている場合ではない!
伯楽師匠の「長屋の花見」で十分である。しかしこれが、
「長屋の花見」はこの季節はどこに行っても聞けるような
あまりに有名すぎて、ちょっと避けたい印象もあるのだけど
楽しかったのである。目白の小さん師匠のイメージがあって、
全体にどこかでその空気感が、現在も残っているような…
そうした傾向があるのかもしれないが、伯楽師匠は金原亭、
つまり古今亭なので、台詞ではないところで違った雰囲気も
何か新鮮なものを見付けられたのかもしれないのである。
同様に白酒さんの「浮世床」だが、この太閤記を読む場面は、
しつこくてつまらないな…って思っていたのだが、面白くて、
笑って笑って、最高だった。本を読む表情が独特なのであり、
つっかえつっかえで、繰り返されるフレーズだけど、微妙に
変化を付けて、単なる繰り返しになっていない。ここは見事。
白酒さんの工夫と細かいところにまで緻密に笑いを求めて、
「浮世床」はこう聞かせるのだな…って、強く印象に残った。
小満ん師匠は「寝床」であった。お馴染みではあるけれど、
何度聞いても面白い。好きなのが、旦那がだんだん興奮して、
訳が分からなくなってきて、煙管の先を口に当ててしまって、
「あちち、熱いや」って、「もう寝ますから」って、怒りが爆発。
その沸騰していく過程を見ていると可笑しくて可笑しくて…
しかし番頭さんが少しずつなだめていくと表情が緩んできて、
「お長屋の衆が外で待ってますから」「みんな、好きだね」って、
満面の笑みでご機嫌になってしまう…その表情の移り変わり、
もう絶品である。「寝床」は、小満ん師匠に限るな!という。

|

« ウラディーミル・アシュケナージ 16 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65113243

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿末廣亭 4月上席:

« ウラディーミル・アシュケナージ 16 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »