« ベルナルト・ハイティンク 20 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 19 »

2017年4月22日 (土)

黒門亭で小せん・小里ん・小ゑん

今日の黒門亭は「小せん・小里ん・小ゑん」という
最強のメンバーで、朝早くから黒門町に行ってきた。

第1部
林家彦星:子ほめ
三遊亭伊織:狸札
柳家小せん:夜鷹の野ざらし
柳家小里ん:碁泥
柳家小ゑん:燃えよジジババ

開口一番は彦星さんで、はじめて聞いたのだけど、
まず思ったのが、言葉の感じが正雀師匠に似ている。
やっぱり師匠の雰囲気が移るのだけど、面白かったのは、
毛布にくるまった赤ん坊の顔を見ようとして、その手つきが、
仏壇の扉を開けるようで、生まれて七日目を「初七日」って、
そこに通ずるのは、なるほどって思った。すべてが縁起悪く。
続いて伊織さんで、二ツ目に昇進してから、やはりはじめて。
登場のときに暗い雰囲気が漂って、ちょっとゾッとするような
陰気な空気感が客の方にも漂ってくるのだが、噺に入ると
勢いがあって、どんどん華やいでくる感じは何か独特である。
喜多八師匠の感じを目指しているのか?「狸札」はよかった。
小せんさんが「夜鷹の野ざらし」である。聞くのは二度目だ。
八つぁんが向島で、人骨野ざらしに酒を手向けているのを
陰で伺っているのが幇間でなく、夜鷹(まるで化物)であり、
それが赤い着物で訪ねてくるので(幽霊が)出た!って、
八つぁんは夜鷹を自分の部屋に閉じ込めてしまうのだが、
慌てて、隣の先生のところに逃げてくると赤い着物の本物で
娘さんが来ていたものだから、再び出た!って、目を回して、
壁の穴を塞がなかったからだ…というオチにつながって、
幽霊が穴から隣の部屋に移動してきたと思い込む展開で
これは実に合理的であり、いいのである。小説家の原作が
存在するようで、演じているのは許可のある小せんさんだけ
かもしれないが、これはひとつの型として、ぜひ残してほしい。
「馬の骨で太鼓(幇間)」のオチより説得力があるぐらいだ。
仲入り後は小里ん師匠で、「凝っては思案に能わず…」で
縁台将棋のマクラに入り、これは「笠碁」だな…って、まさに
思い込みなのだが、しかし噺に入ると「碁泥」の方であり、
予想が外れたことから新鮮な印象、その楽しかったこと。
碁に夢中になりながら煙草に火を点け、吸おうとする仕草が
入るのだが、その辺の小里ん師匠の所作は本当に見事で
そこに泥棒が加わり、ますます碁に夢中になってしまうところ
よかったのである。時間的には短い噺だけど、感動がある。
第1部のトリは、小ゑん師匠である。「燃えよジジババ」が、
圓丈師匠の作品であることは、何となく知っていたのだが、
聞くのは今日がはじめてだ。映画の「燃えよドラゴン」から
発想は来ているのだろうけど、まさに本当に「燃やす」で
火葬場が舞台の噺だなんて驚きであった。(小ゑん版)で
いろいろ改作されているのだろうけど、この驚きの展開は、
圓丈師匠らしい。そこに小ゑん師匠のマニアック・ネタが
入ってくるのだから、強烈な面白さでそれは無敵であった。
新作なので細かい内容は書かないけれど、会場は爆笑。
親族の内でも一際光る「バカ」というのが、キャラが最高!

20170422

落語はこの辺にして、品川から京急で神奈川新町まで来て、
九州ラーメン「たまがった」で遅い昼食。九州のとんこつが、
たまに無性に食べたくなる。もちろん麺の硬さはバリカタ。
横浜高島屋で北海道展をやっていて、大混雑だったけど
六花亭だけ寄って、マルセイのバターサンドを買ってきた。

|

« ベルナルト・ハイティンク 20 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65184786

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小せん・小里ん・小ゑん:

« ベルナルト・ハイティンク 20 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 19 »