« ラルス・フォークト 3 | トップページ | アルバン・ベルク四重奏団 28 »

2017年4月29日 (土)

黒門亭で市江・小歌・小満ん

小満ん師匠を聞きに今週も早朝から黒門町へ。
「らくだ」のオチまで期待していたのだが、残念。

第1部
春風亭朝七:真田小僧
柳亭市江:黄金の大黒
三遊亭小歌:師圓歌を語る
松旭斎美智:奇術
柳家小満ん:らくだ

開口一番は朝七さんで「真田小僧」だが、面白い。
細かいところでかなり作り込まれていて、盛り上がった。
金坊がお父つぁんから巻き上げるのは、十円玉を六枚で
金額設定でも現代に近いけど、台詞の仕上がりも今の感覚。
だから面白いのだが、前座さんの高座としては冒険に思える。
市江さんが「黄金の大黒」で、声もよく出ているし、情景も豊か、
しかし客が付いてこなくて、どうも上手く行っていない。なぜか?
ひとつ気になったのは、端正なお顔立ちで長屋の衆を描くとき、
わざとらしく間抜け面になる…ということがあり、それが際立つと
噺に集中できない。所作、表情で、細かいところにまで丁寧で
熱心に取り組んでいるのかもしれないけれど、楽しそうならば
聞いている人も楽しいのであり、結果、それだけでいいのかも。
続いて小歌師匠が亡くなられた圓歌師匠の想い出をたっぷり。
自身の噺家人生五十年を振り返りつつ、そこに師匠が絡んで、
圓歌師匠の貴重な話も聞けたが、長かった。これが後に影響。
小満ん師匠が上がったのが13時40分。残り20分で「らくだ」。
もう無理だ…って印象だが、屑屋さんの月番さんとのやり取り、
八百屋との菜漬けの樽の件も説明のみ。大家さんのところで
かんかんのうを歌って、酒を三杯飲み、酔っぱらったところで、
お煮しめを食べるが、それで刺身が食いたい…って、魚屋で
出すの…出さねえのを云ったらかんかんのうを踊らせる…
というところでサゲ。でもすごくよかったのが、大家のところへ
屑屋さんが酒とお煮しめの催促をしに行き、らくだのことでは
話を聞きたがらない大家に「らくださんが死にました」というと
その途端、大家はにっこり、うれしそうな顔になって、婆さんに
「らくだが死んだとよ…」って、たった一言でのその変わり様に
こちらも思わず笑ってしまう。僅かなことだけど、見事だった。
14時03分の終演、23分の短縮版「らくだ」だったのだけど、
こういう場面を見られると…もうすっかり大満足なのである。

20170429

|

« ラルス・フォークト 3 | トップページ | アルバン・ベルク四重奏団 28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65214469

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で市江・小歌・小満ん:

« ラルス・フォークト 3 | トップページ | アルバン・ベルク四重奏団 28 »