« ズービン・メータ 14 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

2017年5月10日 (水)

ミヒャエル・ギーレン 19

ミヒャエル・ギーレン・エディション(第4集)から
シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏で
ベルリオーズのレクイエム ト短調 作品5
1979年3月29日にシュトゥットガルトのリーダーハレ。
ベルリオーズのレクイエムで聞いたことがあるのは、
インバル盤ぐらいだ。コリン・デイヴィスのボックスを
持っているのだが、調べてみたら入っていなかった。
デュトワのCDも出ていたと思うけど、持っていない。
ベルリオーズの声楽や歌劇で、こうした巨大な作品は
どうも苦手意識があって、これまで敬遠してきたのだが
せっかくの機会で聞いてみると思った以上に面白い。
ギーレンの明解で、鋭くテキパキと聞かせるところが
いいのだと思う。今さらだけど、もっと聞いておけば、
さらに深く理解があって、楽しめていたのだと思う。
検索すると…シュトゥットガルト放送交響楽団では、
ノリントンのCDもあって、他は持っているのだから
まさに避けてしまっていたのだ。フライブルクの方で
シルヴァン・カンブルランのCDも持っていないし、
私としては、何で聞かずに来たのだろう…という。
いまならベルリオーズの大作にもっと親しめるかも。

SWR>>music CD-No.SWR19028CD

|

« ズービン・メータ 14 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65263278

この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・ギーレン 19:

« ズービン・メータ 14 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »