« アルバン・ベルク四重奏団 28 | トップページ | 今日の月は…月齢5.6 »

2017年5月 1日 (月)

プラハの春音楽祭 1995

1995年のプラハの春音楽祭からスメタナの「わが祖国」。
リボル・ペシェクの指揮によるチェコフィルの演奏で
1995年5月12日にプラハのルドルフィヌムでライブ収録。
ペシェクの指揮はきびきびと勢いがあって、快調な流れ、
音楽をよく歌わせて、チェコフィルの音色が最高に美しく、
魅力的な「わが祖国」である。「モルダウ」があまりに有名で
しかし好きになると他の曲もそれぞれ愛着が生まれるのだが、
この演奏ではとりわけすべての曲で楽しくいきいき聞かせて、
その辺は音楽祭開幕による高揚感もプラスしているのかも。
快活な印象があることで都会的な仕上がりにも感じられるが、
「わが祖国」は大好きなもので、何だかうれしくなってしまう。

alto ALC1099

|

« アルバン・ベルク四重奏団 28 | トップページ | 今日の月は…月齢5.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65223214

この記事へのトラックバック一覧です: プラハの春音楽祭 1995:

« アルバン・ベルク四重奏団 28 | トップページ | 今日の月は…月齢5.6 »