« ウィーン国立歌劇場 2011/2012 | トップページ | ウィーン国立歌劇場 2011/2012 »

2017年5月28日 (日)

ウィーン国立歌劇場 2011/2012

ウィーン国立歌劇場2011/2012シーズンにおける
ワーグナーの「ニーベルングの指環」の上演より
クリスティアン・ティーレマンの指揮による
楽劇「ワルキューレ」から第3幕を聞いている。
2011年11月にウィーン国立歌劇場で収録されている。
冒頭のワルキューレの騎行があえて抑え気味にはじまり、
効果の出やすいところで狙わずにきちんと展開を考えて、
ここで堅実に進むところが熱烈ワグネリアンを唸らせる。
第1場は9人のワルキューレがそれでなくても壮観で
しかしそこにウォータンが猛烈な勢いで迫ってくるところ、
そのものすごさはさすがにティーレマンで強烈な重低音、
この分厚い響きはウィーン国立歌劇場とは思えない…
ずっしりとした感触である。艶のあるしなやかな弦楽器と
巨大な金管の轟音が繰り返されるわけで、無敵である。
しかし第3場になるとその勢いは静まり、実に深まって、
ウォータンとブリュンヒルデの対話が進んで、感動的だ。
最後は有名なウォータンの告別と魔の炎の音楽である。
アルベルト・ドーメンの歌とともにとにかく奇跡的な名演。

DG 00289 479 1560

|

« ウィーン国立歌劇場 2011/2012 | トップページ | ウィーン国立歌劇場 2011/2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65341363

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン国立歌劇場 2011/2012:

« ウィーン国立歌劇場 2011/2012 | トップページ | ウィーン国立歌劇場 2011/2012 »