« 6月7日の感想 | トップページ | クラウディオ・アバド 33 »

2017年6月 8日 (木)

リッカルド・ムーティ 17

リッカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団で
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
今日は、交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
1987年9月28日にフィラデルフィアで収録されている。
透明感のある美しい音色でフィラデルフィア管弦楽団は
魅力的な音楽を聞かせているのだが、ムーティならば、
もっと強烈な個性を聞かせてほしかった印象もあって、
思った以上に普通の仕上がりである。どうも先入観で
ムーティ向きではない作品のような気もしていたが、
本当にその通りになってしまうとますます残念である。
繊細な表情にまで丁寧に聞かせているオーケストラは、
実に素晴らしい。でもやはり最後まで普通の演奏だ。

EMI 0 97946 2

|

« 6月7日の感想 | トップページ | クラウディオ・アバド 33 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65387471

この記事へのトラックバック一覧です: リッカルド・ムーティ 17:

« 6月7日の感想 | トップページ | クラウディオ・アバド 33 »