« 小満ん語録~霍乱 | トップページ | クラウディオ・アバド 35 »

2017年7月18日 (火)

第140回 柳家小満んの会

午後はものすごい雷雨で、これで梅雨明けか?
夕方はやむだろうと雨雲予報を見ていたけれど
空は明るくなっているのに出た途端に降ってきて、
駅に着いたらびしょ濡れ、汗だく、かなり蒸し暑い。
天気に振り回されたけれど、会は無事に開演した。

柳亭市坊:転失気
柳家小満ん:王子の幇間
柳家小満ん:大名房五郎
柳家小満ん:湯屋番

「大名房五郎」と「湯屋番」では、夕立の場面があって、
今日の天気にそっくりなのは、絶好のタイミングだったが、
「王子の幇間」には夕立はないので、三席に共通ではない。
夏の噺でいまの季節というとやはり夕立ということだろうか。
「王子の幇間」は、小満ん師匠が寄席でときどき演じていると
その辺は知っていたのだけれど、聞くのははじめてである。
私が知っていたのは、文楽師匠の録音で…そちらで聞いても
この噺、「王子」が出てこない。今日も王子の場面はなかった。
ずっと謎だったのだが、その答えは今回の案内ハガキにあり、
鼻の圓遊の速記に幇間の平助が旦那のお供で東京中を巡り、
ついに王子で腹が減って倒れる…という、そういうのがあって、
それで「王子の幇間」なのである。この平助は野幇間であり、
上手に持ち上げ、ご機嫌を伺わなくてはならない幇間なのに
人の嫌がることをいっては、すっかり嫌われているという。
マメに顔を出すのが商売だが、こうなるとただのタカリだ。
今日も平助が訪ねてくるけれど、旦那は隠れて、懲らしめる。
二席目は「大名房五郎」である。この噺は宇野信夫の作で、
三年ぐらい前だったか、日本橋の会で一度、聞いている。
古典の雰囲気だが、画(岩佐又兵衛)をすり替えるトリックや
飢饉と米の高騰が絡んでいる設定に新作の空気を感じる。
横谷宗珉の目貫も出てくるし、噺の小道具は高尚なのだが、
強欲な旦那(質の萬屋)とそのおかみさんは、落語っぽい。
この噺は面白いし、夏の季節感と画の中の風景が絡んで
荒唐無稽でない人の成せる技なところに説得力がある。
仲入り後は「湯屋番」で、小満ん師匠のでは、若旦那が
自分で奉公先の「梅の湯」に話を進めて、決めてきており、
湯屋の旦那が死んで、半年後に自分が主人になる筋書きを
妄想している長い方の「湯屋番」である。でも今日は前半を
かなりカットして、トントン進む印象でぴったり30分の高座。
若旦那の妄想も短めで、長屋を出て、梅の湯に着くまでも
ほんの一曲だけ唄って、あっという間に着いてしまった。
番台の上でも再び妄想がはじまるが、お妾さんの話が
噺のメインになるのではなくて、あくまでも若旦那が中心。
途中で客が茶々を入れたり、下駄のなくなった客が止めて、
文句を言い出して、いい下駄から順番に履かせて帰らせ、
最後の客は「下駄を預ける」というオチとなる。「湯屋番」は
寄席でよく掛かるお馴染みのイメージがあるが、こちらの
長い方の「湯屋番」を聞くと、大ネタだなって思うのである。
しかし今回はその長いのがコンパクトにまとまっていたので、
これだと時間的には、寄席のトリにちょうどいいサイズで、
師匠が寄席で演じるときの仕立てだったのかもしれない。
楽しかった。軽くって、バカバカしくって、実に愉快である。
ということで、次回は9月19日(火)の第141回であり、
演目は「渡しの犬」「酢豆腐」「九州吹き戻し」の三席で、
当日、台風に当たりませんように。噺の方は台風襲来。

|

« 小満ん語録~霍乱 | トップページ | クラウディオ・アバド 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第140回 柳家小満んの会:

« 小満ん語録~霍乱 | トップページ | クラウディオ・アバド 35 »