« 7月22日の感想 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2017年7月23日 (日)

落語につぶやき 289~庖丁

「日本の話芸」の後、「落語 THE MOVIE」を見ていて、
一朝師匠が「庖丁」を10分ちょっとで演じてしまったのは
驚きだったのだけど、ということは、寄席の浅い出番でも
「庖丁」は演じられるのである。私が好きなところがあって、
寅さんが、久次が厄介になっている清元の師匠の家に
上がり込んで、揚板の三枚目をあげて、糠味噌を取り出し、
漬け物を食べて、「うまい!ばかうま」って、この「ばかうま」、
圓生師匠がCMで使って、当時の流行語になったらしい。
もちろん圓生師匠の「庖丁」でも「ばかうま」といっている。

|

« 7月22日の感想 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65572845

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 289~庖丁:

« 7月22日の感想 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »