« 第140回 柳家小満んの会 | トップページ | 7月20日の感想 »

2017年7月19日 (水)

クラウディオ・アバド 35

アバドの指揮によるチャイコフスキーを聞いてきたが、
交響曲 第5番に続いて、ベルリンフィルとの演奏で
1994年9月のライブ録音から交響的幻想曲「テンペスト」、
同じくライブで1996年4月の幻想序曲「ロメオとジュリエット」、
そして1995年12月には、スラブ行進曲と序曲「1812年」が
スタジオ録音されている。ベルリン・フィルハーモニーで収録。
アバドが追及した隅々にまで明瞭で引き締まった響きであり、
ベルリンフィルが華麗に歌い、そして造形はあくまでも荘厳で
こんなに素晴らしい演奏はそうは聞けない。これこそが理想、
アバドのこだわりで、聞けば聞くほど、その深さに感動する。
なんと心に響く真実のある音楽なのだ。この音を出せるのは、
やはりベルリンフィルだけであろう。そしてアバドの音作りが
この時期、完成されてきたことにいま改めて気付かされる。
1990年代後半から21世紀初頭のアバドとベルリンフィルは
とにかく無敵だった。それがラトルに引き継がれるのである。

DG 453 496-2

|

« 第140回 柳家小満んの会 | トップページ | 7月20日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65555885

この記事へのトラックバック一覧です: クラウディオ・アバド 35:

« 第140回 柳家小満んの会 | トップページ | 7月20日の感想 »