« 落語につぶやき 288~船弁慶 | トップページ | 大山道の風景 14~虎ノ門 »

2017年7月15日 (土)

黒門亭で小満ん・はん治・小団治

小満ん師匠を聞きに黒門亭に行ってきた。
はん治師匠と小団治師匠でうれしい顔付け。
前座さんまで、なんと全員が柳家という第1部。

第1部
柳家あお馬:道具や
柳家花ごめ:元犬
柳家小満ん:幽女買い
柳家はん治:粗忽長屋
柳家小団治:一分茶番

小満ん師匠は13日と同じくお盆で先祖を迎える話題から入り、
これはもしや「茶漬幽霊」をもう一度聞けるかも!と思ったが、
ゲーテや司馬遼太郎の義理の祖父、おじいさんの小勝という…
洒落た辞世の句を残した方々の紹介で、これは「幽女買い」だ。
「棚卸し」のときに聞いたけれど、その後は毎年、お盆というと
師匠は「幽女買い」を演られているようで、八月のお盆でも
また聞けるチャンスはあるのではないかと。本当に楽しい噺で
あの世では、縁起の悪いことばかりをいって、喜んでいる。
言葉が巧みであり、よく出来ているのだ。大好きな噺である。
今日はトリではないので、普通の噺だろう…と思っていたので
ちょっと得した気分である。季節感もあって、これは最高だ!
はん治師匠はお馴染みの「粗忽長屋」なんだけど、実にいい。
独特な調子の喋りだが、マメな粗忽者とボーっとした粗忽者で
その対比がキッチリとしているし、印象も変わって、楽しめる。
小団治師匠が「一分茶番」をネタ出しで、前半の「権助芝居」は
寄席などでもよく演じられていると思うけれど、今回は権助が
舞台に上がって、縄で締め上げられて、「誰に頼まれたか?」
「番頭さんに一分の金で頼まれた」のオチまで。素人芝居だが、
権助の失敗が並外れて大袈裟なのであり、愉快な噺である。

20170715

|

« 落語につぶやき 288~船弁慶 | トップページ | 大山道の風景 14~虎ノ門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65539667

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小満ん・はん治・小団治:

« 落語につぶやき 288~船弁慶 | トップページ | 大山道の風景 14~虎ノ門 »