« 大山道の風景 16~渋谷 | トップページ | 第140回 柳家小満んの会 »

2017年7月17日 (月)

小満ん語録~霍乱

先日の小満んの会での「寝床」にちなんだ
小満ん師匠の一句より「霍乱」という言葉で
読みは「かくらん」、意味は「日射病」とある。
漢方にある言葉で、夏場の激しい吐き気、
下痢などを伴う急性の病気と解説されている。
最近でいうと「熱中症」といったところか。

「どうした、顔色が悪いじゃねえか、熱中症かい?」
「そうじゃねえんだよ、昨日の晩は、
旦那の義太夫の会があったのよ」
「それはいけねえや、おめえ、大丈夫か?」

「鬼の霍乱」で使われているけれど、
病気をしたことのない人を鬼に例えて、
鬼が霍乱で患っているようだ…という
そうした意味で使われる。夏の季語。

|

« 大山道の風景 16~渋谷 | トップページ | 第140回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65547921

この記事へのトラックバック一覧です: 小満ん語録~霍乱:

« 大山道の風景 16~渋谷 | トップページ | 第140回 柳家小満んの会 »