« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | リッカルド・ムーティ 18 »

2017年8月 3日 (木)

バイロイト音楽祭2008

バイロイト音楽祭2008の「ニーベルングの指環」より
楽劇「神々の黄昏」から第3幕を聞いている。
指揮は、クリスティアン・ティーレマンである。
2008年7,8月にバイロイト祝祭劇場で収録されている。
いよいよ2008年の「ニーベルングの指環」もこれで完結、
長い物語も聞きはじめるとあっという間の印象もある。
2006年以降、「指環」はティーレマンの指揮でばかり
ずっと聞いてきているので、耳が完全に慣れてしまって、
他の演奏で聞いたらどうなってしまうのか…というのは、
甚だ心配で、もちろんそれぞれに感動はあるのだが、
ルドルフ・ケンペ指揮の1961年の録音が出ていて、
値段との相談で手に入れて、聞きたいと思っている。
それはいいとして、ハーゲンの復讐によって、背中に
槍を付き立てられたジークフリートが、甦る記憶の中で
すべてを悔いて死んでいく場面は、やはり感動的だ。
どこか軽薄な存在に落ちぶれていたジークフリートが、
最後に英雄の清々しさを取り戻している。その辺りが
音楽にもステファン・グールドの歌からも伝わってきて、
とにかく素晴らしい。やはりバイロイトの指環は格別だ。
ライブ特有の熱気はあるけれど、圧倒的な完成度で
不思議なぐらいの密度にひたすら引き込まれてしまう。

OPUS ARTE OA CD9000B D

|

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | リッカルド・ムーティ 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65617246

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | リッカルド・ムーティ 18 »