« マルク・アンドレ・アムラン 9 | トップページ | アリシア・デ・ラローチャ 4 »

2017年8月19日 (土)

アルバン・ベルク四重奏団 32

アルバン・ベルク四重奏団の1970年代の録音を
収録順に聞いている。今日はシューベルトの作品で
弦楽四重奏曲 第13番 イ短調 D.804「ロザムンデ」
弦楽四重奏曲 第9番 ト短調 D.173の2曲である。
1974年10月にウィーンのテルデック・スタジオで収録。
いかにも若々しい演奏で新鮮な感覚で表現する繊細で
瑞々しい音楽が素晴らしい。スッキリとした音作りは、
辛口な表情を生み出し、新しい方向性を示しているが、
音色は明るく、血の通った温度感には親しみも覚える。
直線的な表現で後の演奏にある踏み込んだ深まりは
あまり感じられないが、この時代はこれがいいのだ!

Warner 2564 69606-7

|

« マルク・アンドレ・アムラン 9 | トップページ | アリシア・デ・ラローチャ 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65685229

この記事へのトラックバック一覧です: アルバン・ベルク四重奏団 32:

« マルク・アンドレ・アムラン 9 | トップページ | アリシア・デ・ラローチャ 4 »