« リーリャ・ジルベルシュタイン 1 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

2017年8月 8日 (火)

柳家小さん 「船徳」

夏の噺を聞きたくて、五代目小さん師匠の
「ちりとてちん」と「船徳」を今日は聞いている。
落語研究会で昭和59年から60年の高座である。
小さん師匠の他の録音でこれらの噺は聞いてきたが、
落語研究会ならば本寸法だろうと改めて聞いてみると
今日の柳家の噺家さんたちが演っている「船徳」は、
基本的にみな、小さん師匠の型だと思うのだけど、
少し違いがあって、女中さんが河岸の若い衆を呼んで、
親方の小言だろうと「何をやった」「何をやった」って
事前に白状してから親方の前に出るのだが、そこがない。
いろいろ罪状を報告して、「ちっとも知らなかった」となる。
四万六千日、徳さんが客を乗せ、はじめて船を出すと
「おじさ~ん!」「徳さん、一人かい?大丈夫かい?」
このおじさんは、「竹屋のおじさん」で出てくることも
多いと思うのだが、小さん師匠は「竹屋」はなかった。
大川(隅田川)の「竹屋の渡し」「竹屋河岸」のことだと
山谷堀と向島を結ぶ渡しである。「竹屋のおじさん」は、
黒門町の文楽師匠が若いときに音曲師の噺家が、
時間をつなぐのに「船徳」を演じているのを聞いて、
そこで「竹屋のおじさ~ん」が出て、あまりによくて、
文楽師匠も入れるようになった…と、小満ん師匠に
お聞きしたことがある。「船徳」では、観音様に参詣で
蔵前通りの混雑、暑い最中、埃っぽいのを避けたいと
柳橋の船宿から山谷堀まで船で移動しようとしている。

|

« リーリャ・ジルベルシュタイン 1 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/65640846

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小さん 「船徳」:

« リーリャ・ジルベルシュタイン 1 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »