« 第287回 柳家小満んの会 | トップページ | チョ・ソンジン 1 »

2017年9月14日 (木)

ベルナルト・ハイティンク 27

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドンフィルによる
ヴォーン・ウィリアムズの交響曲を収録順に聞いている。
海の交響曲(交響曲 第1番)で、フェリシティ・ロット、
ジョナサン・サマーズの独唱、ロンドンフィル合唱団、
1989年3月19-21日にアビー・ロード・スタジオで収録。
最初の交響曲ながら、規模も大きく、壮大な作品であり、
ハイティンクの指揮、演奏も感動的だ。録音も素晴らしい。
アメリカの詩人ウォルト・ホイットマンの詩集「草の葉」が
テクストだそうで、英語の詩による歌、合唱作品なので
そこは独特な印象がある。イギリスの作品らしい響き。
この数年、英国の作曲家にすごく興味があって、中でも
ウォルトンとこのヴォーン・ウィリアムズが格別である。

WARNER 9 84759 2

|

« 第287回 柳家小満んの会 | トップページ | チョ・ソンジン 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルナルト・ハイティンク 27:

« 第287回 柳家小満んの会 | トップページ | チョ・ソンジン 1 »