« シャルル・デュトワ 9 | トップページ | ジョナサン・ノット 1 »

2017年10月26日 (木)

ルドルフ・ブッフビンダー 2

ルドルフ・ブッフビンダーがウィーンフィルと協演した
ベートーヴェンのピアノ協奏曲 第1番と第2番
2011年5月にウィーン楽友協会大ホールでライブ収録。
まずウィーンフィルのしなやかな音色にさすがだ!って、
すぐに引き込まれてしまうのだが、ピアノが入ってくると
ブッフビンダーが美しい音から歯切れのよいリズム、
ベートーヴェンらしい重厚で荘厳な響き、それを流れよく、
実に鮮やかに聞かせており、この熟練の技は素晴らしい。
自由に思うがまま弾いているようで、しっかりとした造形、
伝統の上に成り立った演奏スタイルは確固たるもので、
とにかく感動してしまう。大胆に躍動しているところも
ところどころあって、それはライブならではの魅力だ。
第1番のカデンツァは、ベートーヴェンの作ではあるが、
通常のではない方の版が採用されており、興味深い。

SONY 88883745212

|

« シャルル・デュトワ 9 | トップページ | ジョナサン・ノット 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルドルフ・ブッフビンダー 2:

« シャルル・デュトワ 9 | トップページ | ジョナサン・ノット 1 »